2010年10月18日(月)

サービスを停止させずに、WordPressを別サーバーへ移転する方法 bagel-cafeのケース

FavoriteLoadingあなたのお気に入りの記事に追加(cookieに保存されます)

この投稿のまとめ

同一ドメインでの、別サーバー移転にはhostファイルを使う

はじめに

この度、ブログのサーバーを移転しました。
旧サーバーのPHPバージョンが4だったため、PHPバージョン5のサーバーに移転しました。

一般的なサーバー移転

WordPressに限らずWebサイトのサーバー移転には、DNS切り替えが必要になります。
そのため、WordPressの同じドメインのサーバー移転の場合には・・
●旧サーバーからFTPでファイルをバックアップ

●旧サーバーのデータベースをバックアップ

●DNS切り替え

●新サーバーへFTPでファイルをアップロード

●新サーバーへデータベース復元
・・という手順になります。

サーバー移転の問題

しかし、幾つか問題が出てきます。例えば・・
●作業中のサービス中断
ファイルのダウンロード・アップロードにはかなりの時間がかかります。
また、DNS切り替えにもしばらく時間がかかりますが、その間ブログの閲覧が不安定になります。
●ファイルをダウンロードし忘れた!
旧サーバーにファイルや設定を忘れてしまった場合、すでにDNSが新サーバーに向いていると悲惨なことになります。

hostsファイルで、余裕のあるサーバー移転

しかし!それを解決するのがhostsファイルです。
hostsファイルを使えば、自分のパソコンだけ新サーバーに接続することが可能になります。
前回のサーバー移転の時はhostsファイルを使った方法を知らなかったので、時間に追い立てられるサーバー移転でしたが
今回は余裕をもって、テストも重ねてから移転することができました。

hostsファイルを使ったサーバー移転の方法は以下の通りです。

●旧サーバーから、データベースやファイルをバックアップ。

●hostsファイルを書き換える(Windows→System32→Drivers→etc→hosts)
000.000.000.000 bagel-cafe.info (URLと、新サーバーのIPをマッピングさせる)

●新サーバーへファイルのアップロード・データベースの復元

●旧サーバーに接続したくなったら、行の先頭から「#」でコメントアウトする
#000.000.000.000 bagel-cafe.info (この行のマッピングは無効になり、旧サーバー (旧IP)への接続に戻る)

●新サーバーでのテストが完了したら、DNSを切り替える

このような方法で、余裕をもった移転ができました。

WordPressのバージョンアップ

ついでに、WordPressのバージョンも最新バージョンにアップデートしました。
・・・ということで、今見ていただいているページは新サーバーのWordPress3.0.1ということになります。

WordPress3についての不満点などもありますが、それはまた別の機会ということで。

これからもbagel-cafeをよろしくお願いします!

あなたのコメントが一番最初です!

コメントをご入力ください