2010年05月29日(土)

デバイスサーバ CG-NUH04 でブルースクリーンエラーと再起動

FavoriteLoadingあなたのお気に入りの記事に追加(cookieに保存されます)

デバイスサーバ CG-NUH04 はLAN上に設置できるUSBハブです。

●良い点
 →USB機器をLAN上で利用できるので、パソコン側のUSBポートは使用しない
 →有線・無線どちらのLANでも使用できる

●悪い点
 →USB機器の認識に、専用ユーティリティソフトが必要
 →USB機器を二台のパソコンで同時使用(共有)ができない(切り替える必要がある)

今使っているパソコンの二つのUSBポートが壊れてしまい、一つのポートしか使えなくなってしまいました。

しかしデバイスサーバ CG-NUH04を使えば、LAN経由でUSB機器が使えます。

プリンタ一台と、USBメモリ三つを使用した例 ↓

CG-NUH04

CG-NUH04

ところが・・・windowsXP SP3 の環境でCG-NUH04を使用するためのcorega純正ユーティリティソフトを使うと、ブルースクリーンとなり再起動してしまいます。

ユーティリティソフトを再インストールしても変わらず・・・。

それで、ロジテックのデバイスサーバ用のユーティリティソフトを使用することにしました。

見た目はそっくり!
同じように使用でき、ブルースクリーンエラーも出なくなりました。

ロジテックからダウンロード


あなたのコメントが一番最初です!

コメントをご入力ください